季節感を出すウールとリネンのネクタイ

ネクタイに使われる素材は、天然繊維ならばシルク、化学繊維ならばポリエステルが一般的です。美しい光沢があり、ポリエステルならば手入れも楽なため、様々なシーンで広く使用されています。

他にも、ネクタイの素材にはコットン・レーヨン・アセテートなど色々な繊維が使われていますが、なかでも季節感を出すのに適しているのが、ウールとリネンの素材を使っているネクタイです。ウール(羊毛)のネクタイは暖かみがあり、秋冬のシーンに適しています。

厚みがあるため凝った結び方は向いていませんが、シワになりにくいという利点もあります。生地に光沢がありませんので、合わせる服装も光沢のないツイードやフランネルのジャケット・スーツがよいでしょう。秋冬の雰囲気にぴったりのコーディネイトができます。

一方、リネン(麻)は夏向きの素材です。さらりとした手触りで、涼しげで爽やかな雰囲気が出せます。汗を吸っても乾きやすく、匂いがこもりにくい点も暑い時期に向いています。合わせるスーツも春夏用の薄手のもので、涼しげな色合いのものを選ぶとよいでしょう。

思い切ってリネンのスーツに合わせて、全身で夏のコーディネイトを楽しむのも手です。ネクタイを選ぶ際には、ビジネス用・カジュアル用といった観点からだけはなく、季節感も考慮に入れるのが、より上級者らしさを増やすポイントです。ウールやリネンといった季節に合った素材を選ぶことで、一層のおしゃれ感を演出することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です