ネクタイを長持ちさせる日常のお手入れ方法

ネクタイを日常使っていると、汗や食べこぼしで汚れてしまったり、シワがついてしまったりと、当然ながら生地は次第に傷んできます。お気に入りのネクタイなら、なるべく長持ちさせたいものですが、そのためのお手入れはどのようにすればよいでしょうか。

まず基本的には、毎日の着用を避けることです。何本かのネクタイをローテーションして使い、1度着用したら何日か生地を休ませて下さい。帰宅して外したら洋服同様にさっとブラシをかけてホコリを落とし、ハンガーなどにかけて2~3日間陰干しします。食べこぼしなどの汚れが付いてしまった場合、そのまま保管するとカビや黄ばみの元になります。固く絞った布で生地を叩き、なるべく汚れを落としておきましょう。

汗で湿っているときも、絞った布で叩いて汗の成分を落としておきます。その後、陰干しを行ってから保管場所に入れて下さい。

吊るしたまま保管しても良いですし、くるくると丸めて引き出しに入れても、シワを避けることができます。シワが付いてしまったら、アイロンのスチームを当てるとよいでしょう。

アイロンの際は、テカリを防ぐために必ず当て布をします。当て布の上からスチームアイロンを浮かしぎみにかけて、シワが伸びたら、今度はスチームを切ってから再度アイロンをかけて乾かします。シワが取れるとともに、スチームの作用による脱臭効果もあります。

こうしたひと手間をかけるだけで、ネクタイの寿命は遥かに長くなります。日常的なお手入れを心がけて、お気に入りのネクタイをぜひ長くお使い下さい。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です