ドレスシャツの様々な襟の種類

ドレスシャツとは、襟が付いている長袖のシャツ全般のことで、カジュアルシャツと反対の意味合いの言葉として使われることが多いです。プライベートな場面に着るシャツをカジュアルシャツと呼び、日本国内の場合だとビジネスの場などオフィシャルな環境で着るワイシャツなどが、ドレスシャツに相当するものとなります。

ビジネスシーンで着られるシャツでもデザインなどによりカジュアルシャツの方に属するものもあるので、正確に区別する必要がある場合は注意する必要があります。レギュラーカラーは、冠婚葬祭からビジネスまで様々なフォーマルの場面で利用することができる襟の種類ですが、襟の開きや、長さが標準的なつくりになっているので、レギュラーカラーを使っているドレスシャツだと襟がスーツのVゾーンの中に収まりきらなくて、バランスが整いにくいとうのがデメリットになります。

しかし、セミワイドスプレッドカラーを使うと100度以上の角度で襟元が開いているので、すっきりとした印象になり、最も紳士的な襟の種類とされています。セミワイドスプレッドカラーより襟元が開いているワイドスプレッドカラーは、ウィンザーカラーとも呼ばれていて角度にすると160度ぐらい開いています。ウィンザーノットと呼ばれるウィンザー公が良く好んで結んでいたネクタイと良い相性となっていて、Vゾーンが広い印象を与えてくれます。

他にもドレスシャツには色々な襟の種類のものが提供されている状況です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です