ネクタイの正しい選び方

ネクタイはビジネスや式典への参加など様々なシチュエーションにおいて使用されています。

特に営業面においてはスーツはいわば「戦闘服」であり、ネクタイも重要な位置づけとなっています。このためスーツとともにその選定も重要な要素となっています。

今やネクタイは様々なデザインのものが販売されてきており、どれが相応しいのか迷うことも多々ありますので、選ぶ基準を知ることは大変有用と言えます。まず色合いをシャツの色に合わせることがポイントとなります。異なる色になりますと全体のバランスが崩れてしまい、相手に与える印象も悪くなってしまいます。

水色のシャツであれば水色系統、紺色のシャツであれば紺色系統、などといった具合に色を合わせると印象がよくなり、お洒落感も増します。また通常はデザインの異なる複数のネクタイを使いこなすことが一般的で、それ自体は問題ありませんが、あまり多くの種類のものを使いこなすと全体にまとまりがなくなり、イメージが悪くなってしまいます。

3本から4本あたりに押さえるのがベターで、本数を抑えることで、全体のバランスを整えることでまとまりが出ます。ネクタイの中には柄物のものも多くあります。

柄物は派手なイメージがありますが、柄物をアクセントとして使うことでうまく使いこなせることができます。最も有効なのが白色のシャツに柄物のものを合わせる方法で、この方法を活用すればシャツとのバランスにストレスを感じません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です