ドレスシャツの黄ばみを予防する方法

ドレスシャツは、ビジネスの場、結婚式、葬式などのフォーマルなシーンなどにネクタイと合わせ欠かすことができないファッションアイテムです。特に男性の場合、スーツの下に着用する機会が多いので、何枚も種類を集めている方は多いです。

ただドレスシャツはきちんと洗濯をしないで放置してしまうと、袖や襟などを中心に黄ばんでしまうことがあります。一度、黄ばみが生じると、洗濯で容易に落せないので、そのまま諦めて捨ててしまわざるを得なくなります。そもそもドレスシャツの黄ばみの原因は、シャツに付着した汗や皮脂が、時間の経過とともに酸化したことによるものです。

特に一人暮らしの場合、洗濯するのが面倒だからと数日分をまとめて洗濯してしまいがちです。ただ高温多湿の夏の時期は、襟足、脇下やウエスト、袖口など肌に密着している部分には目には見えない皮脂汚れがたくさん付いています。

よって、何日も放置すると、黄ばみとなって取れにくくなってしまいます。つまり、黄ばみを解消する最大の方法は、面倒くさがらずにこまめに洗濯機で洗う事が大事です。その他のシャツの黄ばみの予防の為には、着用する前にドラッグストアなどで購入できるベビーパウダーをつけておくと良いです。

特にシャツの襟、袖口、脇など皮脂や汗で汚れやすい箇所を中心に軽くパフでつけておきます。すると、ベビーパウダーの細かい粒子が皮脂や汗などを吸い取ってくれるので、黄ばみの予防に高い効果を発揮します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です